性感染症の症状と見分け方記事一覧

クラミジアは性病の中でももっとも感染者が多い病気です。その理由としては感染率が非常に高いこと、そして症状があらわれにくく、感染の自覚症状がないまま性交渉を行い、被害を拡大してしまうケースが多いことなどが挙げられます。それだけにきちんと見極め、できるだけ早く感染の事実に気づいて適切な対策を行うことが求...

淋病は性感染症の中でもとくに知名度の高いもののひとつです。にも関わらず必ずしもしっかりとした対策がとられているとはいえない面もあります。淋病とは淋菌が感染したことによって生じるものです。クラミジアと並んで感染者数が多く、とくに男性が風俗で感染するケースが多いといいます。症状には特徴があり、男性の場合...

性器ヘルペスはヘルペスウイルスが性器に感染することによって生じる性感染症です。なお、口に発症する口唇ヘルペスも有名ですが、同じヘルペスウイルスでもこちらは1型、性器ヘルペスは2型に分類されています。性器ヘルペスのおもな症状は水泡ができること。それが悪化すると皮膚が破れたり、激しい痛みが伴うようになり...

現代社会では発症例が少なくなりましたが、近代以前では世界中で猛威を振るっていた性感染症が梅毒です。歴史上の有名人でもこの病気にかかっていた例が数多く見られます。なお、ペニシリンはこの病気の特効薬として1929年に発見されており、以後感染例や被害が大きく減少しました。ただ、現在でもまだ根絶には至ってお...

エイズといえばもっとも有名な性感染症の一つ。ただ、性感染症に限定して考えてよい病気ではなく、感染経路やリスクなど、社会全体が深く認識しながら向き合っていく必要がある病気です。エイズとはどんどん免疫力が低下してしまう病気です。つまり、エイズそのものが命を脅かすのではなく、他の病気に感染しやすくなる点が...

B型肝炎を性感染症としてとらえている人は少ないかもしれません。しかしもこれも性行為によって感染するリスクがある病気の一つです。なお、B型肝炎の感染者数は世界で3億5000万人、国内に限定しても130万人と非常に多い状態です。B型肝炎はHBVウイルスと呼ばれる細菌が感染することによって発症します。感染...

尖圭コンジローマは外見上非常に特徴的な症状がみられる性感染症として有名です。とくに男性の場合、亀頭部分の周辺にイボのようなブツブツができるため感染の有無が判断しやすいのです。この尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルスと呼ばれるウイルスの感染によって発症する病気です。感染経路はおもに性行為ですが、そ...

毛じらみもよく知られた性感染症の一つです。それほど深刻なイメージはありませんが、一方ではしつこいかゆみに悩まされるイメージが強く、また不潔な印象を与えてしまう病気でもあります。毛じらみとはしらみの1種、それが感染することによって発症します。最大のポイントは感染経路が性行為だけに限らないこと。極端な話...

膣トリコモナスはその名称の通り膣に感染することで発症する病気です。ただ、必ずしも女性だけに発症する性感染症ではなく、男性でも感染・発症します。原因は原虫が性器内に入り込むこと。それによって皮膚に炎症が生じます。性行為による感染がもっとも多いのですが、原虫に皮膚がふれる機会、たとえばタオルや下着、便器...

膣カンジタ炎はクラミジアと並んで発症例が多い性感染症です。それだけ注意が必要ということになります。また、細菌の感染によって発症する他の性感染症とはやや性質が異なる点も知っておきたいところ。原因となるカンジダ菌はカビの1種、真菌と呼ばれるものです。これはもともと体内に存在している細菌なのです。そのため...