うがいで感染が分かる?

梅毒の症状と見分け方とは?

現代社会では発症例が少なくなりましたが、近代以前では世界中で猛威を振るっていた性感染症が梅毒です。歴史上の有名人でもこの病気にかかっていた例が数多く見られます。なお、ペニシリンはこの病気の特効薬として1929年に発見されており、以後感染例や被害が大きく減少しました。ただ、現在でもまだ根絶には至っておらず、感染・発症例が見られます。

 

この梅毒はトレポネーマという細菌の感染によって発症します。感染原因はセックスやオーラルセックス。この細菌は生きるための環境が限られているため、感染経路も限定されていますが、その分感染率が15〜30パーセントと高いため保菌者とのセックスで感染が拡大することが多いのです。

 

症状は進行状況によって若干異なります。初期段階では無症状のこともありますが、感染した部分に潰瘍ができたり、しこりが生じます。感染から3週間程度を減ると第2期に入り、全身に湿疹が生じるようになります。また発熱が見られることも多く、この時点で感染に気づくケースが大半です。なお、もしそれでも放置しておくと大動脈炎や大動脈瘤といった症状が発症することも。

 

梅毒の見分け方はやはり第2期に生じる湿疹、また扁平コンジローマが生じることもあるので感染部位のチェックが不可欠でしょう。少なくともこの段階で医療機関の治療を受けることが求められます。少なくともセックス・オーラルセックスは避け、感染の拡大を防ぐようにしましょう。治療は冒頭に挙げたペニシリンが強い効果を発揮するため、それほど時間や手間がかかるものではありません。それだけに早期発見・治療が求められます。

うがいをするだけで感染の有無がすぐ分かる!クラミジアを含む喉のチェックと検査はこちらから

梅毒の症状と見分け方関連ページ

クラミジア感染症
クラミジア感染症の症状と見分け方とはどのようなものでしょうか?主な性感染症の症状と特徴を紹介しています。
淋病
淋病の症状と見分け方とはどのようなものでしょうか?主な性感染症の症状と特徴を紹介しています。
性器ヘルペス
性器ヘルペスの症状と見分け方とはどのようなものでしょうか?主な性感染症の症状と特徴を紹介しています。
エイズ
エイズの症状と見分け方とはどのようなものでしょうか?主な性感染症の症状と特徴を紹介しています。
B型肝炎
B型肝炎の症状と見分け方とはどのようなものでしょうか?主な性感染症の症状と特徴を紹介しています。
尖圭コンジローマ
尖圭コンジローマの症状と見分け方とはどのようなものでしょうか?主な性感染症の症状と特徴を紹介しています。
毛じらみ
毛じらみの症状と見分け方とはどのようなものでしょうか?主な性感染症の症状と特徴を紹介しています。
膣トリコモナス
膣トリコモナスの症状と見分け方とはどのようなものでしょうか?主な性感染症の症状と特徴を紹介しています。
膣カンジタ炎
膣カンジタ炎の症状と見分け方とはどのようなものでしょうか?主な性感染症の症状と特徴を紹介しています。