うがいで感染が分かる?

性感染症になると妊娠・出産にどんなリスクがある?

妊娠・出産は女性にとって人生の大きな転機ですが、それを無事に過ごし、迎えられるための健康管理が何よりも重要です。自分の健康だけの問題ではなくおなかの赤ちゃんにも影響を及ぼす可能性があるからです。

 

そんな妊娠・出産に大きな影響を及ぼすのが性感染症です。この時期には性感染症を起こしやすい面があるだけでなく、そのまま放置しておくと胎児の成長の阻害や母子感染といった子供に悪影響を及ぼしてしまう恐れもありますし、最悪の場合流産へと至ってしまうケースもあります。

 

妊娠中によく見られる性感染症のひとつがカンジダ膣炎です。この病気はカンジダ菌と呼ばれる真菌(カビ)の一種が繁殖することによって発症するのですが、他の性感染症とは異なり性交渉によって感染するだけでなく、自己感染というルートがあるので要注意です。カンジダ菌はもともと体内に存在しているため、免疫力が低下することによって増殖して発症するのです。妊娠中の女性は膣内の自浄作用が低下しており、性交渉による感染、自己感染ともに起こりやすい状況になります。もし放置したまま出産すると赤ちゃんに感染してしまう可能性があるので注意しましょう。

 

出産そのものに大きな影響を及ぼす恐れがあるのがクラミジアです。もっとも感染者が多い性感染症とも言われており、強い感染力と乏しい自覚症状が大きな特徴です。女性の場合は感染に気づかないまま放置してしまい、症状が進行して卵管炎や子宮内膜炎などを引き起こすことで不妊の原因となることもあります。さらに出産時に感染した状態だと母子感染の確率が非常に高く、結膜炎や肺炎を抱えてしまう恐れも出てきます。

 

このように、性感染症が妊娠・出産に非常に大きな影響を及ぼします。性交渉の際には十分に気をつけること、万一感染した場合にはすぐに治療を行うだけでなく、パートナーにも検査と治療を受けてもらうといった対策が欠かせません。安心して元気な赤ちゃんを生むためにも性感染症に対する意識は持ち続けておきたいところです。

うがいをするだけで感染の有無がすぐ分かる!クラミジアを含む喉のチェックと検査はこちらから