うがいで感染が分かる?

咽頭クラミジアの感染経路とは?

咽頭クラミジアの感染経路としては、どのようなものが多いのでしょうか。

 

咽頭クラミジアを引き起こすクラミジア・トラコマチスは、主に粘液の接触によって感染します。中でも最も多いのはオーラルセックスなど、口や舌、口腔、喉などを用いた性行為で、フェラチオやクンニリングスなどがそれにあたります。特に最近ではフェラチオなどを好む男性が増えたことや、同性愛者の性行為ではオーラルセックスが主な性行為になることなどの影響があるとされています。

 

咽頭クラミジアの感染経路に関しては、特に注意する点があります。それは男性がコンドームを着用していたとしても、感染する可能性があるということです。特に射精する直前までコンドームを使用しないまま性行為を続け、射精する寸前になってコンドームを着用するような性行為では、クラミジアが感染する可能性がひじょうに高くなります。

 

またひじょうに稀ですが、舌と舌を絡めあうような激しいディープキスの場合や、お互いの唾液などを舐めとるような行為でも咽頭クラミジアは感染することがあります。

 

しかしたとえ家族内に感染者がいたとしても、タオルやスリッパなどの共用、あるいはお風呂場の水やお湯などによる感染はほぼゼロに等しいので、あまり気にかけなくてもよいでしょう。

 

咽頭クラミジアに限らず、性感染症の感染経路を巡っては、家庭内騒動や恋人との言い争いなどのいさかいの種になってしまうことがしばしばあります。しかしこのような言い争いはたいていの場合無意味です。それよりも感染しているという疑いがある場合には、恋人や夫婦がそろって性病科を受診することで、咽頭クラミジアに対応することが可能となります。

 

また咽頭クラミジアは、性器クラミジアに比べて完治するまでに時間がかかるケースが多く、いったん症状が治まって勝手に自己判断で、処方された薬を止めてしまうようなことがありますが、これは絶対にしてはならないことです。

うがいをするだけで感染の有無がすぐ分かる!クラミジアを含む喉のチェックと検査はこちらから