うがいで感染が分かる?

咽頭クラミジアの治療方法とは?

咽頭クラミジアと診断された場合には、クラミジア・トラコマチス菌を除菌することが必要になります。クラミジア・トラコマチス菌の除菌には抗生物質を用います。

 

通常の咽頭クラミジアの治療で使用される抗生物質には、おもに3種類があります。ジスロマックやクラリスなどのマクロライド系抗生物質、ビブラマイシンやミノマイシンなどのテトラサイクリン系抗生物質、クラビット、タリビットなどのニューキノロン系の3種類です。

 

これらの中でも最もポピュラーな抗生物質はマクロライド系のジスロマックです。ジスロマックの、他の抗生物質に比べて優れている点として、1回服用すれば効果が1週間程度は持続するという点です。これは実は重要なポイントです。

 

咽頭クラミジアは症状が全くでない人も多いのですが、喉の痛みや腫れ、発熱などの症状が出る人もあります。そのような人が抗生物質を服用する際に、2〜3日程度で主な症状がなくなってしまうと、ついつい残りの薬を飲み残してしまうのです。症状がなくなっても、咽頭クラミジアの菌は、まだ身体の中に残っています。しかし薬を途中で止めてしまうと、こうした菌が再度、大増殖し始めることになります。

 

その結果、除菌には失敗し、しかし本人は咽頭クラミジアが完治したものと勘違いして、他の人と性交渉を持ち、また咽頭クラミジアの菌をばらまいてしまうことになるのです。

 

咽頭クラミジアは性器クラミジアに比べても、治りにくい病気です。安易な自己判断で投薬を中止するというのはもってのほかです。また薬を決められた処方通りに飲まなかった場合にも除菌に失敗する場合があります。くれぐれも医師の指示を守るようにしましょう。

うがいをするだけで感染の有無がすぐ分かる!クラミジアを含む喉のチェックと検査はこちらから