うがいで感染が分かる?

咽頭クラミジアは自然治癒する?

咽頭クラミジアが自然治癒することなど、ありえるのでしょうか。

 

答えから先に言えば、咽頭クラミジアが自然治癒する可能性はありますが、極々稀なケースであると考えた方がよいでしょう。咽頭クラミジアは喉にクラミジア・トラコマチス菌が付着することによって感染症を引き起こす病気です。この咽頭クラミジアを治療するためには、マクロライド系、ニューキノロン系、テトラサイクリン系などの抗生物質を投与しなければなりません。またこのような抗生物質を投与しても、100%が除菌できるというわけではありません。咽頭クラミジアは通常の性器クラミジアなどに比較して、治りにくいやっかいな病気なのです。

 

咽頭クラミジアと性器クラミジアを混同して考えている人がいますが、それは誤解です。咽頭クラミジアに感染していても、性器クラミジアには感染していないケースもあり、またその逆のケースもありえます。つまり咽頭クラミジアと性器クラミジアでは検査する方法や部位が異なるため、両方の検査を試さないと、どちらのクラミジアにかかっているのか、あるいはかかってないのかがわかりません。

 

さて、咽頭クラミジアにかかって、感染していることが判明した人が、特に治療もしないのに、数年後に検査すると結果が陰性と出る、つまり感染していないという結果が出ることがあります。しかしこれをもって咽頭クラミジアが自然治癒すると考えるのは早計です。この期間中に、カゼなどにかかって抗生物質を服用した際に、たまたま咽頭クラミジアもいっしょに除菌されたと考えた方が可能性的には高くなります。

 

しかしひじょうに稀なケースとして、咽頭クラミジアに感染していた人が、その後に特に何の治療も受けていないにもかかわらず、数年後の検査で陰性、つまり感染していないと診断されることがあります。これはひじょうに特別なケースですが、たまたま強い免疫力によって咽頭クラミジアの菌が駆逐された、除菌されたと考えるしか可能性がないことになります。とはいえ、咽頭クラミジアが自然治癒するか、しないかについては、まだまだ研究が行き届いておらず、完全に説明し尽くされたとはとてもいえる段階ではありません。今後、さらに医療が発展して、咽頭クラミジアの研究が進めば、人の免疫力によって咽頭クラミジアが除菌される、つまり自然治癒することがあるかどうか判明することでしょ う。

 

しかし、現在咽頭クラミジアに感染している人が、こうした話を鵜呑みにして、食事療法などで免疫力をつけることで咽頭クラミジアが自然治癒するのを待つなどというようなことは、決してしてはなりません。その間にも他の人に咽頭クラミジアを移してしまう可能性があるからです。

うがいをするだけで感染の有無がすぐ分かる!クラミジアを含む喉のチェックと検査はこちらから